ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Mr.ChildrenーTOURーPOPSAURUS 2012 札幌ドーム ライブレポ 2


では、前回の続きを
MCです!!
『どうもありがとう!札幌、いや、北海道!!準備はいいですか?この会場全体に、LOVEがLOVEが、この会場を包み込むように、この曲をお届けします!』

ちなみに、大阪初日、2日目は

『この会場全体に、大文字のLとOとVとEが、包み込むように』

って言ってました

4・LOVE

いつ聴いても新鮮に聞こえる名曲です
最後は、皆で、『LOVEーLOVEーLOVEーー』と合唱

5・GIFT

スローに始まり、感情のこもった歌い方で歌う!

ここらへんで、スタートのノリは、少し落ち着きを取り戻す。
皆、耳を済まして、曲の世界に浸っているように感じました
最後のところは、やっぱり合唱です!

『今、きーみにおくるよ、君とだからさがせたよ。僕の方こそありがとう』

『らららーら、らららら、らららーら、らら、、、』は僕らが歌って、桜井さんは、その間、ライブバージョンの歌詞を歌う。

そして、
はじめて聴く歌詞、『いーちばん、光ってるってもんてなんだろー、ぼーくは抱きしめる、きーみがくれたギフトを、

これーからも、音の中で、ほら光ってるんだよー、光続けるんだよー

鳥肌もんでした????

これも大阪では無かった。

大阪初日のMC

 

『今日は、ツアー初日ですが、そんな感じは全然しません。アウェーなんですが、そんな感じもしません!もうホームにいる感じです!!』とはじめのMCで言ってました。

確かにエソラからのスタートで会場のテンションMAXだったしね

6・Everythig(It’s you)

もう、GIFTに続き、皆さん聞き入っている感じ。
でも「ステェーエ、エ、エー」は最高!!
心に染み渡る名曲ですね????

聞き入っていると言えば、小林さんのブログでは、札幌公演は、他の会場より落ち着いてる感があり、聞き入っている感じと、ありました。盛り上がってたけどね!!

7・MC

『どうも、ありがとう!』(以下、桜井さん)

「イェーイ」(以下、会場)

『あの~皆さん、ご存知の通り、今月5月の10日をもちまして、私達Mr.Childrenがですね、20週年を迎える事が出来ました』

会場、拍手

『あの、共に歩んで来たというか、共に歌ってきた20年だと思ってます!!いや、20年も聞いてないって言う人がいるかもしれないけど(笑)でも、本当に君とだから探せたよ、僕の方こそありがとうっていうGIFTの歌詞、まんまの気持ちでおります。本当にどうもありがとう!!』

会場、拍手
『で、その祝いの気持ちを自ら込めまして、このツアーで、あの曲もこの曲も、惜しみなくやりたいと思います』

会場、拍手
『皆さん、、、悩みは、ありますか?、、、、どうですか、お客様!』

「あるーーー!!!」

『ない人なんかいるのか(笑)』

「ないーーー!!!」

『いいな、ハッピーで、、』
ここで、もしかしたら、大阪では聞けなかった

まさかの

Happy Song聴ける???って期待しましたよ(笑)

『あのーほとんど、どんな中の人にも、悩みや迷い、葛藤みたいな物があるとは思いますが、今からお届けする曲は、女性の歌です。スポットライトを一杯浴びて、思い描く通り成功を収めた人の歌です。でも、そんな人の中でも、迷いがありまして、その曲をお届けしたいと思います、、、デルモ』

8・デルモ

大阪では、『前に一回だけ、小さいとこでやった事は、あったんですが、、、あんまりパッとせず(笑)』と言ってました。
でも、マイミクの方に聞いたら、二回やってるけどね、、と言ってました。どんだけ情報通!?凄過ぎ(ナナミニさん)

僕はライブで、はじめて聴けました!!
終わりが、スカッとしてて格好良かった!!!
ライブで聴いて、改めて好きになりました!!!

9・End of the day

大阪では、知らない人の方が多かったと思います。CD発売前のライブだったから、でも僕は偶然に、その数日前に聴いてました。

YouTubeでね。

今、思うとMr.Children関係者が流したのかなって。ライブ前に知ってもらう為に。

しかも、この曲なら、桜井さんのギターソロから始まるって予想もしてて

実際、予想以上にカッコいいギターソロでしたが、やはり!!って思った。

前奏で、すぐにわかった!

大阪では、知らない人が多かったのもあり、どんなノリでいけばいいの??的な静かな感じでしたが、札幌では、既にCD化されてたので、盛り上りました!!
そして、個人的に、今はこの曲が1番好きな曲です

今までは

i.ll be だったんだけどね!

この曲で、勇気づけられたし、大好き!!

多分、僕だけじゃないと思う。

人それぞれ違うのに、同じ曲で同じく勇気づけられ、好きな曲になる。

さすが、日本を代表するバンドMr.Children
何か、前奏は擬態を彷彿するような、淡いブルーのイメージで、ライブでもその色だった。

10・終わりなき旅

最初のギターソロを少しだけ弾いて、、MC!珍しい!!

『次の曲はMr.Childrenの曲ですけど、皆さんの、皆の、それからお前らの(桜井さんが、お前らって、、大阪初日でも、そうでした。それだけ自分らと距離を縮める思いからと解釈してます)歌であって欲しいと願ってます。一緒に、出来れば一緒に歌って欲しい』

そして、またギターソロから始まり、スローテンポで、ギター一本で皆で静かに合唱

1番のサビ前から、桜井さんのギターと会場の歌声だけにサビに入っては、会場の歌声のみ!!

大阪初日では、びっくりしました!!
今までにない程の丸投げ!!!!

この曲、全体的に歌詞が似たり寄ったりで、なかなか歌詞カード見ないと僕は歌えないので、何とか歌いましたが、サビの会場の歌声のみは、周りや自分の自身のなさ(歌詞)もあり、強弱があったし、ドキドキした

だから、大阪初日のライブ後に、このライブを盛り上げる為の少しネタバレね、として参加される方に伝えたし、札幌ライブ前のチルカラの仲間にも話した。

その後、札幌のチルカラ仲間は歌えたチョキって言ってたので良かった
グッド????
1番終えて、会場拍手????

2番からはバンドが入って、会場も大合唱!!

2番のCメロ前も、バンドの演奏と会場の歌声!

そして、Cメロ最後の

『ただ~未来へと~ 未来へと 夢を乗せて~~~』と少しアレンジ入り、ラスサビへ

もうテンションMax!
本当に桜井さんと、皆で大合唱!!

んで『終わ~りな~き、た~び、、、カモンっ!』

からのバンドと会場の歌声で占める!

最高の丸投げでした!

余談ですが、この曲

毎日何千通と届くファンレターで病気の子供が好きな曲で病室でも、死の間際まで聴いていたと、、、
後日、その子は亡くなり、桜井さんに届いた、その子の母からのレターを読んで、その子が亡くなる前には感じ無かった想い。

もう少し、自分は何か出来る事、すべき事があったのでは?と考えたそうです。

この曲は、僕も、そうだけど(多くの方も)同じく、勇気づけられる曲だし、皆にとっても、Mr.Childrenにとっても、深い曲だと思う。

だから、お前ら(俺ら)の曲なんだね!!

11・Dance Dance

無機質な機械音から始まり、

ドカンドンッと爆発????

もうテンション上がったままでの、この選曲ANDドンッは最高!!

歌の途中で『カモン、カモン!!』って会場を巻き込んでいく桜井さんは格好良すぎ!!!

もう肩の疲れでてるけど、振り上げずには、いられない程のテンション!

個人的には、サーフィンで肩鍛えてんのにな~、まだまだ甘いなと、、、

は、おいといて、とにかくハンパないテンションでしたよ!!

12・ニシヘヒガシヘ

ハイテンションのまま、入っていく、、、

僕にも、抗鬱剤ちょうだい、、、、もっと、もっと

個人的には、ニシヘヒガシはロックフェスとQのライブのアレンジ、ギターハンパなく格好いいスタートが好きなんだけど、最近はないのが少し残念あせる

でも、やっぱりカッコいい曲だよ。

13・フェイク

これら2曲は、似た感じの曲でのつながりかな!?

会場は疲れもあるけど、もう名曲に引っ張り回されてる!!

最後の『全ては。』

はじめて、僕がこの曲を聞いたのは、Zeppツアー、ピローズとのタイバンのヤツ。

14才の母の主題歌で、そのライブと同じ日に第一話でした。

その、倍率30倍越えと言われてたチケットを運良くゲットして、2列目まで、人波をくぐり抜け、最初で、恐らく最後のって位の距離を感じたのを思い出します。

近くで桜井さんを見ると、普通のカッコいいお兄さんって感じで、けっこうニキビあるんだなとか、親近感を感じました。

んで、その日はどしゃ降りで、皆、タクシーに乗り混んで帰る中、僕は余韻に浸りたくて、会場(Zeppだから狭い)の外を雨の中、回ってたら、ライブの楽器何か片付けてるスタッフが見え、何と、その後、桜井さんが携帯で、いつもライブで見せる笑顔で話してた!!

貴重な瞬間でした。。。。。

話が、横道に、それたけど、、、

言いたい事は

Zeppツアーでは

『それすら、フェイク』って歌ってた。
それを言いたかっただけ、、、

では、また!!


Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25レポはこちら

F&M 21周年祭ファンクラブツアーレポはこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

338人の購読者に加わりましょう

コメントを残す