ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Mr.ChildrenDOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 札幌公演 (ネタバレあり) 6


さて、行きますか😁

16.思春期の夏~君との恋が今も牧場に~

この曲は、1995年のStadium Tour 空[ku:]以来の曲になるので、リアルに聴くのは私は初めてでした。(youtubeでは見ましたが、、、楽しそうでした😄)

で、前置きはこれくらいにして。

先の[車の中~]から一転して、急に映像が、海外のTVショッピングの様な雰囲気の映像がテンション高く流れ、モヒカンのズラを紹介していて、その映像が終わったと思いきや

急にJENに映像が映り、そのズラを被っている(笑)そして、曲は始まります。会場は大盛り上がり😁

サビはJENの促しで合唱www楽しいひと時でした!!元々、好きだった曲ですがもっと好きになりました!!

最後は、そのズラが外れて、また会場は大爆笑!!!あの時のJENの顔が未だに鮮明に覚えてます(笑)演出だったとは思うんですけど、JENのハッとした顔、笑いましたね~。

そして、また一転。

17.抱きしめたい

いつ聴いても素晴らしい名曲の一つ。

特に、アレンジ的な事はなく、もう、曲自体で聴かせる感じでした。良かったです。

18.Any

テンションを上げ上げにしたい流れだったので、サビは盛り上がってました!!

歌は少しアレンジされてた所もあり、ライブ感を感じました!!!カッコよかった👍

19.名もなき詩

桜井さんがギターでサビを少し歌って始まる♪

サビは「カモーン、札幌ーーー!!」で大合唱!!!テンションが完全復活😆!!!

そのテンションの感じで、おもっきし腕を振り回し、曲に飲まれていく!!!!最高でした!!!!!

20.MC

「どうもありがとう。曲選ぶときにさ、なるべく皆が知ってるMr.Childrenをあんまり知らない人の為に誰もが知っている曲を選んだんですけど、でも次にお届けするのは知らない曲かもしれないです。

だけど、とっても、僕らにとって大事な、旅のことを歌った、人と出会う事を歌い、愛する事を歌い、家族を歌い、平和を歌い、色んな事を歌った、人生を歌った大事な曲をお届けします。」

21.1999年、夏、沖縄

この曲は、前回のアニバーサリーツアー以来です。

この曲を聴くと、色んなことを考えさせられる感慨深いメッセージ性の強い曲の一つですね。

「もう30なのだけれど~♪」→「もう25年が経ったけど~♪」と歌っていました。毎回、この部分は変化するので個人的に小さな楽しみです。「もう40になるけれど~♪」とかね。

「そして、99年、夏の沖縄は~♪」→「そして、2017年6月17日、札幌、、、」と歌ってMCに入ります。(バックに静かな音楽を流しつつ)

「楽しんでますか?お陰様で25周年です。デビューした時はこんな日が来るとは思ってませんでした。僕らと同じ世代の人は知ってると思うけど、昔、ノストラダムスの大予言ってのがあって、それは、1999年に世界が滅びるという、まことしやかな予言で、ミュージシャンである自分にとっては、やりたいとだけやる。で、1999年に世界が滅亡するのはある意味、ラッキーだと思って、その予言を信じていたけど、1999年になっても、2000年になっても2001年になっても世界は滅亡しないで、、、気がつけば、僕らがデビューして10周年になっていました。多くの人に『10周年おめでとう』って声を掛けて貰ったんですけど、まだその頃の僕らは若かったし、素直じゃなかったし、、、多くの人がMr.Childrenの音楽を聴いてくれたとしても、どんどん時間が経って離れていくものだと思ってました。だから、ある人に『10周年どんな気持ちですか?』って聞かれた時、『僕らは1日1日必死にやっていくだけです』って、答えてました。でも10周年を過ぎると、もうあっという間に2017年、25周年です。昔、いずれすぐに離れていってしまうと思っていたファンの人、今、こうやって会場を見たらわかるとおり未だにこんなに多くの人が音楽を聴いてくれ、ライブに足を運んでくれ、こんなに嬉しいことは無いです。幸せな事はないです。でもいつまで自分たちはこうやって演奏を続け、歌を歌い続けていけるのかって考えるようになりました。同じ世代のミュージシャン、友達、近しい人達が亡くなっていったり、、、だから尚更、今、こうやって、こうしてここに皆さんといる時間、Mr.Childrenとして、舞台に立っている時間を嬉しく、愛おしく思っています。10周年と違った、1日1日を、1曲1曲を、1つ1つのフレーズを大事に大事に奏でて行きたいと思ってます。今日は本当にどうもありがとう。」

そして、また曲は再開して、「音が鳴り止んだとき~」でストップして会場は暗転。

しばらく、時が止まった感覚になる。

そして、また、歌い始める。そして、曲は終わる。

と、個人的には、一番感動した場面でした。

他の人もどうだったかな??このライブで桜井さんが一番伝えたかった言葉だった気がしてます。

てな訳で、また👋


参加はしてませんが、初日公演のセトリ、感想はこちら

ライブ前のリアルタイムレポはこちら

他のTOUR 2017 Thanksgiving 25(札幌公演)レポはこちら

また20周年記念ライブPOPSAURUS 2012 札幌ドームはこちら

F&M 21周年祭ファンクラブツアーレポはこちら

 


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

338人の購読者に加わりましょう

コメントを残す